●流れゆく 雲まにまにほの見える

            この惑星の ほんとうの青

 

2017年5月 ずいぶん久しぶりの短歌になってしまいました。

小さな生活作ってたもので笑 久しぶりに自分でもお気に入りの一首です♡


●雨が止み かあとは鳴いてみたものの

            飛び立つためには 羽根が濡れてる          

             

 2015年9月 長雨がやんですぐに烏がカァと鳴きました。

        久しぶりに聞く声は烏でも嬉しくて。


●秋霖に 降り籠められし 徒然に

          昔見し人を 思うあわれ


●夕立を 待ちゐて君の 名を呼びて

          我が恋もろとも 消えなむとぞ思う


2015年9月 台風が来て大変な長雨の日に雨を詠んだ二首。


●久方の 陽に照らされて たちのぼる

           蝉たちの声 ゆく夏の匂い


2015年9月 思いのほか早く来た秋雨前線に

        肌寒い日が続いたあとの晴れの日に詠みました。


●堪え忍ぶ 長き如月 日めくりして

        まぶしく見つめる ついたちの文字

 

●霞みめき 春めく風に誘われて

        降り注ぐ青 受け止める瞳

 

●濡れそぼつ 桜の枝のつぼみたち

         秘められた色が 溶け出した町 

 

2015年3月 1年にわたる闘病を終えて。。。春を噛みしめてを詠みました。


Copyright (C) 2015 きくりえAll Rights Reserved.

無断での転用等は禁止します。